人気ブログランキング |
Lovepan
lovepann.exblog.jp
Top
カテゴリ:Bread(天然酵母)( 237 )
|
|
2019年 09月 15日 |
c0136926_15070306.jpeg
(Canon EOS 7D &SIGMA17-70mm)以下全部
いちごが旬なうちにこの酵母のパンを習いたいと春に教わったもの。
「いちごをトッピングして焼く」というのがどうなっちゃうんだろう?と思っていましたが、焼きあがると面白い見た目になり、いちごの上にグラニュー糖もまぶしてあるから甘さが際立つパンとなった『いちご種のシュクレ』
c0136926_15065623.jpeg
教室での写真に戻って、細かくクープを入れた細長いパンは『ヴィエノワ』
シュクレと同じ生地で作ったものです。
真ん中にナイフを入れバタークリームを絞るのですが、そこまでまだしていない段階の写真f(^^;
甘いクリームを味わうパン。
c0136926_15064888.jpeg
それから『いちご種のフィセル』は焼成後サンドして試食してきたのですが、いちごとカマンベールの組み合わせが初めてだったのでちょっとびっくりしたのでした。
甘さと塩気の組み合わせが意外だけどジューシーさもあって美味しいんですね〜。
サンドも色々あるんだなぁと勉強になりました^^

3連休の中日。いかがお過ごしでしょうか?
過ごしやすくなって気持ち良い朝ですね〜^^
今日も元気に楽しい一日を♪
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 09月 14日 |
c0136926_15005204.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)次も
大分過去記事の整理がついてきて、この夏の話もしてきましたが、写真を見てわかるように春に戻っていますf(^^;
プルーン種で作った『ライ麦のショコラリング』
フィリングにこれでもかってくらい大量のチョコ、生地にはチョコと相性の良いオレンジカットを入れているパンです。
大きく成型し沢山のクープを入れるのも特徴的で、焼成中はオーブンからチョコの甘〜い香りが部屋中に漂いました。
カットするとこの通り。
チョコ星人は目がなくなること間違いなしです(^-^)
フランスパンのようなクラスト&食感を楽しみました〜♪
ちなみにライ麦はこちらを使いました。
細挽きなので茶こしで粉を振るのもしやすいです^^
c0136926_19113330.jpeg
『プルーン種のノアクッペ』にはウォールナッツ、マカデミアマッツ、ヘーゼルナッツを沢山入れ、葉っぱのようなクープを入れました。
なるべく外にナッツが出ないようにしていても、フィリングの多さにどうしても出てきてしまって、クープ入れるのに当たっちゃう^^;

一緒に作ったスープは『豆ともち麦のトマトスープ』
温泉卵も作って中央に落としています。
具沢山で体に良さそうなスープ。
気に入って早速家でも作っています^_^

骨折も何度かしてて怪我が多い方なのかなぁ?と最近思ったりf(^^;
してしまったものはしょうがないけど、ただのんびり過ごすだけも時間が勿体無いので、今はじっくり勉強できる期間と割り切り、調べものをしたり頭の中でシミュレーション。
ちょうどあれこれ考えていたので、新しいことをチャレンジするためにじっくり考える時間があるのは良かったかも。
良くなったら実践していこう〜!と思います。
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 09月 07日 |
c0136926_20004646.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)
ベーグルの原型でロシアの保存食だったと言われる『ブブリキ』
皮が香ばしく茹でることによって食感が違ってきます。
胡麻をたっぷりつけている生地はモチモチで、焼き色はあまりつきません。
クリームチーズとスプレッドやローストビーフと合うそうですが、あいにく冷蔵庫にはごくごく普通にあるものしかなかったので、こんなサンドになりました。
ただパンにナイフを入れたり、食べるときにたっぷりまぶしたゴマがとれちゃって、周りがゴマだらけになっちゃう〜。
もちろん集めてパクッと(笑)
ちなみにお粉は愛用のこれを使いました。
国産で安心、使いやすく風味が良いのでいろんなパン作りに使っています♪

台風の動きが気になる週末ですが、今日も一日楽しく過ごしましょう^^


2019年 09月 04日 |
c0136926_17404149.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)次も
ノワゼットとはヘーゼルナッツのフランス語読み。
チョコとの相性が良い『ノワゼット・ショコラ』は少なめの酵母で作り、見た目的にも平たい葉っぱのような感じでクープを入れました。
フィリングが表面に出ないように成型していましたが、クープを入れるときにどうしてもフィリングにあたるところが出てきてしまうため、焼きあがったものを見てみるとそんなところからチョコが噴火しています^m^
c0136926_17404854.jpeg
天然酵母のダッチブレッドはあまり虎模様にならないイメージを持っていて、これもそうかなぁ〜と思いながら作った『カマンベールのダッチブレッド』
クルミ入りの生地でカマンベールを包み入れたものですが、模様があっても亀裂が太くないといえば伝わりやすいかな?やっぱりはっきりとした虎模様になかなかなりませんでした。
また、焼き色のムラができやすいようにも思います。
でもダッチブレッドのクラストはパリパリとしてて、他にない食感で美味しいんですよ〜^^
シンプルな配合の生地にカマンベールの塩気がマッチしています。
これは以前作ったイーストを使って焼いたもの。
くっきりはっきり虎模様でしょ。
c0136926_12553721.jpeg
(Canon EOS 7D &SIGMA17-70mm)
写真は習ったときに戻って…
『きのこのスープ』も作っていただきました。
色がグレーっぽいのですが、数種類のきのこの旨味が味に深みをもたらせ、とっても美味しかったです♪
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています
春よ恋を使って焼きました(^-^) 風味良く美味しいです


2019年 09月 03日 |
c0136926_13473661.jpeg
(Canon EOS 7D &SIGMA17-70mm)
以前バナナ酵母を教わった時、バナナ酵母はちょっと難しいと先生が話されていて、今回の場合もどうかなぁ…と先生がおっしゃってましたが(最初バナナ酵母を教わった先生とこれを教わった教室が違うため2人の先生による話です)、予想に反して元気な酵母ちゃん。
しっかり膨らんでくれ、美味しそうなパンに焼きあがりました^^
作ったものは、筍のように見えるのが『バナナ酵母のプチパンドミー』で、ミニパウンド型で焼いています。
ちょっとキメが粗めな焼き上がりになるみたい。
『バナナ酵母のブリオッシュ』はパニムール型でトップにバナナを飾って焼いたのですが、膨らみが良すぎて、バナナが両端の方へ流れてしまいましたf(^^;
嬉しいような悲しいような…(苦笑)
それからくるみを加えたストロイゼルをトッピングした『バナナ酵母のマフィン』
ストロイゼルがサクサクと、くるみの食感も美味しかったです♪

バナナ酵母も作りたいけど、難しそうだしちょっと尻込んじゃう。
もう少し自信をつけてからチャレンジしてみようかな〜。

早起きしてお弁当作りをするとこのくらいの時間はうとうとと眠い〜。シャキッとせねば!
今日も穏やかな一日でありますように♪
c0136926_22201120.jpg
今送料無料のチャンス!
私もお気に入りの粉やバターなど購入しました〜♪


2019年 09月 02日 |
c0136926_16103772.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)次も
コーヒーや紅茶で酵母が起きるようにほうじ茶でも酵母が起きるんですよね。
この回はそんなほうじ茶酵母でのパンたちです。
フィリングにマカダミアナッツを入れた『ほうじ茶のカンパーニュ』
c0136926_16110849.jpeg
これはちょっと変わったあんぱんで『ほうじ茶の豆あんぱん』
粒あん+鹿の子とら豆、白あん+鹿の子うぐいす豆で作っています。
カットしてみるとあんこだけでなくお豆発見でしょ^m^
豆の粒の食感もしっかり味わえるあんぱんです。

新学期も始まりです。
気持ちを引き締めて一日頑張りましょう♪
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 08月 21日 |
c0136926_17533234.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)
我が家で育てているバジルを使って『ルヴァン種のカルツォーネ』
生地にはバジルペーストも入れて^^
焼成中はオーブンからバジルの良い香りが〜。
ふっくら膨らんで焼きあがったカルツォーネのフィリングにはモッツァレラチーズ、トマト、ゆで卵、バジル。
モッツァレラがビヨーンとなることを期待してましたが、もっと入れないとそうならないのかなぁf(^^;
でも焼きたてはやっぱり美味しかったです♪

学校の夏休みもあとわずか(夏休みといっても学校に行く日が多いのですが)。
厳しい暑さも和らぎ、少し秋を感じるようになってきたかなぁ〜?
みなさんも良い一日を♪
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 08月 20日 |
c0136926_20003851.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)次も
ルーマニアの柔らかくて甘い『パパナッシュ』は本来揚げドーナッツなのですが、これは焼いて作ったもの。
c0136926_20002905.jpeg
しっかり発酵させ、ふっくらまん丸に。
オーブンで焼き上げたあと、サバランのようにその柔らかい生地をシロップに浸し、甘さを吸わせて一呼吸おいたところ。
そして食べるときにサワークリームと低糖ヨーグルトを合わせたものとラズベリージャムをたっぷりかけていただきます^^
冷蔵庫で冷やしてから食べましたが、ソフトで甘くとっても美味しかったです。
夏向けかな?作ってちょうど良かった!
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 08月 14日 |
c0136926_11421746.jpeg
(Canon EOS 7D &TAMRON 90mm)以下全部
チョコチップとコアントロー漬けしたクランベリーを入れた『ショコラ・ショコラ』の断面は、嬉しくなるほどフィリングたっぷり!
ほっぺが落ちそうな美味しさに幸せを感じます!
これはたまりませ〜ん!
チョコ星人でなくても喜ぶに違いない^m^
c0136926_13375301.jpeg
『豆乳黒ごまブレッド』は仕込水に豆乳を使い、練りごまを入れているから全体的に黒っぽい生地になっています。
さらに白ごまも加えているのでごまの風味がすごいの!
小倉あんを入れあんぱん成型したものと、チーズを入れた2種類で作りました。
c0136926_15174963.jpeg
教室で作った時、もうちょっとソフトに作ってもいいなぁと感じていたので、仕込水を増やしてあんぱんはちょうど良い感じにできましたが、同じ生地でチーズはちょっと柔らかすぎてパンに高さがでなくなってしまったので、仕込水の量をそれぞれで変えた方がいいなと思いましたf(^^;
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


2019年 08月 13日 |
c0136926_22111226.jpeg
(Canon EOS 7D &SIGMA17-70mm)
この回はアイルランド産のギネスビールによるビール酵母を使って。
左側にあるのはレモンカット、いちじく、オレンジカットを入れた『ビール酵母のカンパーニュ』
レモンやオレンジは爽やかな感じがするものなので、ビールと言ったら「夏」に合わせてのフィリングかも。

右側は『ビール酵母のバストーネ』
バストーネとはイタリア語で棒という意味だそう。
ベーコンを生地に入れ、フィリングにマカデミアナッツとプロセスチーズ。
どちらのパンももうちょっとコロンと膨らんでくれるイメージを持っていたので、ぜひとも家で作るときは成功させたいと思います。

今日も良い一日をお過ごしくださいね♪
c0136926_22201120.jpg
材料等種類豊富にあるcottaさんのcotta PARTNERになっています


ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon